妄想からストーリーが

誘拐のネタをジョークにすると

つぎつぎとストーリーが浮かんできます。

もちろん腹話術で視覚化するつもりはなく

脳を笑わせるだけです。

 

学校帰りに誘拐されかけた女の子

ランドセルを背負っています。

おじさん 何か御用?

そうよ、あたしのパパはABCホールディングスの社長よ。

えっ! パパが救急車で病院に運ばれた?

おじさん会社の人なのね

私を病院まで その車で連れて行ってくれるのね

ママは知ってる?

パパの秘書の原口さんは?

副社長の水原さんは?

支店長の木村さんは?

みんなもう病院に駆けつけてるって本当?

急がなくちゃ!

オジサンの車 小さくてボロッチイけど運転大丈夫?

あとでお礼するからアタシのスマホで

オジサンの顔と車のナンバー 写真撮っておくね

(パシャ)

 

オジサン、言っておくけど

木村さんはニューヨーク支店の支店長よ

どうやって今日 病院に駆けつけたのかしら?

オジサン、ライングループで

今の写真送っといたから

 

やっぱり実行する?

| | コメント (0)

コメディーのセンスとは?

子どもの誘拐をネタにした腹話術を素直に笑えなくて

自分が神経質すぎるのか、

コメディーのセンスがないのか

気になるので

国内のプロの腹話術師に聞いてみましたが

着眼点が面白いと、賞賛の声ばかり。

いっこく堂さんもコンテストでこのネタの腹話術に

賞を授与しました。

海外の人はどう感じるのか

国際大会の主要メンバー数人に聞いてみましたが

uncomfortable 

という意見が多く

このネタは risky だからあまり勧められない

という方ばかりでした。

ただ、予想外の顛末で good joke があれば可能

という方もいました。

Photo_20240505161701

私が国際大会で経験した「内輪のトーク」で

ボロクソに言われていた腹話術師を思い出しました。

表面的には good job といいながら

レストランでは批判しているのを聞いたので

私は こんな目にはあいたくないぞと思いました。

 

私は誘拐のような

親子を恐怖におとしいれる犯罪を

お笑いの題材にして

軽微なものに印象操作するのは反対です。

自分が腹話術でやろうとは思いませんが

こんなジョークを思いつきました。

 

女の子が誘拐犯に言います

「おじちゃん

お金が欲しかったらアタシの家においでよ。

うちのお庭の柿の木の下に 五億円埋めてあるよ。

パパが税金対策だって隠したの。

掘ってごらんなさい。

お金の横に

アタシが殺したパパの死体もあるけどね。

ママと一緒に埋めたの。

アタシたちだってお金欲しかったもん

おじちゃんみたいに」

 

誘拐犯が恐ろしくなって逃げだすストーリー

どうでしょうか?

もしこれをやってみたい方があれば

ちゃんとした台本を創りますよ

 

| | コメント (0)

子どもになってスキップを

Img_0833

昨年、ジムに入会してトレーニングを始めた時

「来年は桜並木の遊歩道をスキップして駆け抜けたい」

と夢見ていました。

その頃 

久しぶりに家の前をスキップしてみたら

身体が重くてドタドタして

10メートル進んだだけで息が切れました。

軽々とスキップができた時代もあったのに

大人になると

こんなことになるのかと悲しくなりました。

ジムのトレイナーにスキップの方法を聞くと

美しいフォームのスキップを見せてくれ

コツは足の付け根を高く引き上げ

ジャンプするように進むのだそう。

Photo_20240410182501

それ以来

足の付け根や太ももの筋肉を鍛えPhoto_20240410175801

腹筋や背筋も鍛えています。

さて今年

スキップしているところをビデオに撮りたいのですが・・・

人目が気になるのはなぜでしょう。

大人がスキップするとなぜおかしいのでしょうか。

多分私でも

大人がスキップをしていたらニャリとしてしまう

でしょう。

 

悪いことをするわけじゃないのに

なぜ恥ずかしい気がするのでしょう。

スキップはこどもがするもの

という偏見があるのでしょうか。

 

撮影を娘に頼もうと思っているのですが

なんか断られそうな気が・・・

人が居ない時ならできるかなあ。

あー 桜はもう散ってしまいそう。

 

| | コメント (0)

筋トレ再開しました

2024

 

昨年二月に 筋トレをスタートしましたが

予算を使い切ったので10月に中止し

休会中は毎晩 自主トレをしていました。

そして今年度、二月から新予算で再スタートしました。

 

自分でやると

しんどくなったらやめてしまうのですが

トレイナーが

力強い声で「あとワンセット!」

と励ましてくれると頑張れます。

もともと運動は嫌いでスポーツには興味がありません。

子供の頃から外遊びよりも

家で本を読んだり人形で遊んだり

絵を描いたり歌を歌ったりする方が楽しかったので

身体を動かす事の快感を知りません。

健康のために

ウオーキングやストレッチはやっていますが

高齢になったら筋肉量が減って

うっかり転んだら寝たきりになる

という話も聞くので筋トレを始めました。

女性だけのトレーニング「カーブス」にも

以前 五年間通いましたが

モチベーションが上がらず面倒くさくなって

やめました。

今回は

パーソナルトレイナーがついての指導なので

モチベーションが上がり効果を感じることが出来ます。

新しい動きを教えてもらったり

それがどこの筋肉に効くのか

それが身体にどんな影響を与えるのか

私の弱いところはどこか など

知識を得ることで興奮します。

よっこらしょ

と言って立ち上がっていたのが

手を使わないでスッと立ち上がれるようになってきたし

大股で歩けるようになったり

立ったままズボンがはけるようになりました。

トレイナーに伝えると

一緒になって喜んでくれるのが又

モチベーションを上げることにつながります。

とはいえ、費用がかなりかかるので予算が

尽きれば休会です。

長女が

「スポンサーになってあげるから健康維持のために続けて」

と言ってくれているので暫くは続けられそうです。

介護状態にならない為に

お母さんの健康維持に投資してくれるのでしょう。

トレーニングをおろそかにしないよう

その日に学んだことをノートに記録して毎晩就寝前に

おさらいをします。

その時に

教えてもらった動きを記録するために

自分のイメージで名前を付けることにしました。

● パプアニューギニア 

 ジャングルの中で日本軍に置いて行かれた兵士のイメージ

 ニューギニアで多くの日本兵が餓死したそうです

 「連れてってくれー」と手を伸ばすイメージです

● イルカの逆立ち

  トレイナーのお手本はイルカですが

  私はどうみてもイルカではなくトドです。

このほかのネーミングに

おーいお茶

山の滑落いのち綱

ズリズリ

シルクドソレイユ

木下大サーカス

地下水くみ上げ

があります。

 

| | コメント (0)

ご冥福を と言ってはいけません

Cimg0590

私の父が90歳の時に出版した本です。

定価八千円で こんなマイナーの本を誰が買うんだろう

とずっと不思議に思っています。

鉄道オタクで若い頃から汽車の写真を撮り続けていました。

 

父は6人兄弟の三男で

叔父夫婦の一人息子が亡くなった後に

成人してから養子になりました。

明治生まれの義父は日露戦争で従軍し

「天皇陛下は神様」と信じていたらしく

自分の家の宗教を仏教から神道に変えました。

靖国神社にまつられたいと願っていたのでしょう。

私が子供の頃は

家の中に神様をお祭りする大きな棚のようなものが

ありました。

神道なので

お花は飾らず,サカキという葉っぱが飾られ

ロウソク 線香 数珠などは見たことがありませんでした。

又、仏教のように法事やお墓参りの習慣はなくて

嫁に行った母は 本当に混乱したと思います。

神道でお葬式をした例は

聞いたことがなかったでしょう。

神道では

「死はケガレ」という考え方だそうで

「死者を供養する」というのは仏教の考え方だそうです。

死んだ人の魂はこの世に残り

家族や子孫の繁栄をずっと見守ってくれているので

常に穏やかにいてもらうために

供養するのではなく「お祭り」するのだそうです。

 

実家の墓じまいをすることになり

どんな手続きをすればよいのか神社に問い合わせて

いろいろなことがわかりました。

昔は 遺体を埋葬して土に返すのが一般的だったため

神道を信仰する人がお墓を造ることはなかったようです。

法律で土葬が禁止される自治体ができて

神道でも墓地を確保し

火葬後の遺骨を置く場所が必要になったのです。

死はケガレなので 神社の外に墓地を造っているそうです。

私は先祖の遺骨を永代供養にしたいので

神社との交渉中です。

信仰の違いをどうクリアするか

とても興味があります。

ちなみに

神道では「永代供養」と言わず

「永代祭祀」というそうです。

お葬式などで「ご冥福をお祈りいたします」というのは

神道では言ってはいけません。

「ご冥福」は冥土で安らかにお眠りください

という意味です。

神道では 「冥土」つまり「あの世」には行かないのです。

タマシイはこの世に残るのですから。

 

 

| | コメント (0)

«リタイアって?